2017年 10月 30日 ( 1 )

10.30 沖縄練 day1

10月30日(月) 沖縄合宿1日目

本日からようやく夏休みです。
色んな仕事の調整をすると、この時期がbetterだろうと思い取らせてもらいました。
ツールドおきなわの約2週間前であり、追い込むのにちょうど良く、今年もボリュームのある練習を予定しています。

本日は、一人でソコソコの距離を乗りこむこととしていました。
選んだコースは、先日VC-fukuokaのチーム練に参加させて頂いたときのコースをトレースしました。
遅れながらの補習といったところでしょうか。

ウェア: Parabolaジャージ, Defeet アームカバー, Sugoiウインドブレーカー(腕がセパレート出来てベストにもなる)
シューズ: GIRO EMPIRE 2017

今朝から冬型の気圧配置となっているとのことで、終始北風が強い一日だった。
いつもの様に神崎経由で背振を経由して三瀬に向かいます。背振への入り口は、30分弱ほどの長い上りから始まりますが、今日は長い距離を乗るので抑え気味でじっくり走ることを心がける。登りきってから、三瀬へまでのアップダウンでは、思いのほか気温が低く身体が冷えます。後でサイコンを見返すと、山の中の平均気温は8℃だった様で、寒かった訳だ…。ウェア選択に悩む時期になってきました。

嘉瀬川周回コースに入り、しゃくなげの里まで走ってちょうど50kmほどでした。
①嘉瀬川ダム周回コース 20km
②天山上りを含む時計回り 22km
を更にタレないイーブン強度で1周ずつ走ります。100kmに少し足りない分はダム周回を半周回って105kmほどです。
TdO 100kmは実は108kmを走らなくてはならないので、多めに走る練習をしなくてはなりません。

北天グリーンロードと天山の上りは、260wくらいの出力で上って、疲労が残らないことを心がけます。
勾配がきついところはダンシングを多用して、疲労を分散することも意識します。

上っている時はいいけれど、下りは寒いのなんの。再び凍える前に、ベストタイプにしていたウインドブレーカーに腕の部分も装着して防寒。ジレタイプと腕まで覆うとでは、防寒が全く異なりますね。このSugoiのセパレートタイプウインドブレーカーは機能的で重宝しました。平坦路は向かい風になると全く速度が乗らないのが辛かった。追い風のところは最高でしたが。
105km走り続けたところで、一旦リセット。

〇100km練: 3:55:05, Up1612m, ave174w/ NP206w, ave137bpm/ max160bpm

昨年のツールドおきなわのデータを見返してみると、
〇TdO 2016 100km U39: 2:54:39, Up1511m, ave189w/ NP238w, ave166bpm/ max189bpm

コースプロファイルは全く異なりますが、データは何となく似ています。
単独走ではこの程度かと思います。TdO 100km 39は終始ペースが速いです。そして最後の20kmくらいからが本当の勝負どころで、それはデータからは読み取れないところかと思います。

あと、今日はミシュランPRO4に履き替えて初めて乗りました。
このタイヤは全天候適応型になります。山の路面は濡れていましたがグリップもよく、路面の衝撃を和らげてくれていている感じがしました。ゴキソハブとの組み合わせも良く、非常によく転がります。一回で気に入りました。ブリヂストンR1Xは古くなってきていたので、交換しておいてよかったのかもしれません。
f0371356_20342652.jpg
嘉瀬川ダム

f0371356_20420894.jpg
しゃくなげの里で補給。おにぎりとコロッケ

その後は、久留米方面に戻りますが、補給で休憩してたら身体が冷えてしまい、温まるまでが寒かった。
今日は、最初からペースを抑え目で走ったので、距離乗った割には疲労感はさほど感じず。

帰りに、イワイさんに寄って帰宅。
明日はカトウくん練なので、しっかり食事を摂って休息に努めることとします。

f0371356_20460210.png

〇沖縄練 Day1: 6:06:30, 166km, Up2118m, ave164w/ NP202w, 3614Kj, 352TSS


[PR]
by digdug0526 | 2017-10-30 22:00 | 自転車 | Comments(0)