11月12日 ツールドおきなわ2017 100km U-39 に参加して来ました。

結果は11位でした。
参加するからには勝つつもりだったので悔しい結果でした。後日、レース内容を報告します。

f0371356_11543466.jpeg

[PR]
by digdug0526 | 2017-11-12 23:30 | Comments(0)

11.10 出発前夜

11月8日(水) ローラー練

最後の調整。軽く汗を流す目的にローラーを回した。
1min-1min インターバルでしっかり踏む。出力を出して刺激を入れて無理ない程度で維持するだけ。
ave: 324-329-338-351-342-330w
脚がよく回る。もう少ししてみようかという衝動にも駆られるけど無理せず終了することにする。

〇ローラー練: 0:40:12, ave170w/ NP212w, ave145bpm/ max170bpm, 410Kj, 42.7TSS

-------------------

11月9日(木) Rest

当直のため休息日に当てる。
日中にリカバリータイツ履いて仕事してみたら、夕方に脚の圧迫感がハンパなかった。
明後日が出発に迫って来ているけど、まだ準備も出来ておらず、実感が湧かない…。

今年で3回目のツールドおきなわ 100km U-39。
コースは完全に頭に入っているし、自分のなかでの勝負どころもイメージできている。
今年はエントリーリストもチェックしたし、追い込み以外の準備も概ね出来ている。

明日は、仕事を早々に済ませて出発の準備をしよう。

-------------------

11月10日(金)

f0371356_21254239.jpg
帰宅後に準備に取り掛かる。
本番でセパレートのエアロジャージを着るのか、通常ジャージを着用するのか迷ったのでどちらも持ち込むこととした。
通常ジャージの方が、背中に補給を入れても伸縮性があって圧迫感が少ないから好きです。
補給は、現地でも購入可能なものは沖縄で入手を予定することにします。

飛行機輪行は、いつも謎のバイクケース「ALERO」で行います。SCICONの輪行バックと大きさ形態はほとんど一緒です。
…確か、台湾製でメチャ安だったのをネット購入した記憶があるのだけれど、コストパフォーマンスは最高!
自転車と一緒にシューズやヘルメット、着替えの類も全てスペースに収めることが可能です。

明日は、みんなのチケットを預かっているので、私が遅刻したら大変なことに!
早めに空港へ向かわねばなりません。

去年のレースからもう一年経ったのか。と思うと感慨深いです。
昨年は、後半になるにつれて余裕が無くなりキツくなり、全く勝負に絡めなかったことが悔しかった。
今年は、色んなレースに出場して経験を積み、自分の弱点もよく分かったし、距離も可能な範囲で乗り込んだ。
あとは、落車に注意することや、冷静に乗ることを心掛けたいと思います。

f0371356_22003128.jpg
ノブ先生、今年も形見をお供させます。天国から見守っていてください。
チームメイトとともに沖縄を楽しみたいと思います!


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村にほんブログ村 自転車ブログ 自転車レースへ
にほんブログ村
[PR]
by digdug0526 | 2017-11-10 22:00 | Comments(0)

08.20 3Hr fast run

8月20日 3Hr fast run
3時間、維持できる最大限の速度で走り続ける練習。

f0371356_17263209.png

5時起床。昨晩の納涼会のダメージが少々残っており頭痛が…。
二度寝して6時半に起きて、準備して7時半くらいに出発。

100km弱を走ることを想定していたので、これくらいであればしっかりとした食事は摂らなくても大丈夫。プロテインドリンクのみ飲んで、スポーツ羊羹を2本持参。ロングボトルにBCAAと食塩3gずつ入れて準備しておいた。

3時間を走り続けられるコース選択として選んだのは、背振- 三瀬の山方面。
おきなわ対策の練習コース開発も兼ねて走ることとしました。
先日の豪雨のために、いつも練習していた東峰村から小石原方面は道が消滅してしまっているので…。

朝の気温も幾分下がって来て、走りやすくなってきて嬉しいかぎり。背振の入り口、松坂橋を超えると上りが始まり、始めの3.0kmほどは平均勾配が8.0%ほどのキツい区間が続く。

急勾配区間は、300-350w (5.0kg/w前後)を保ち、それ以上は出さない様なイメージで登る。
まだまだ、走り続けないといけないので、ここで消耗してしまってはいけない。でも、しっかりダンシングも意識して色んな筋肉を使って、疲労を分散させておく。急勾配区間は平均287wで通過し、いいペース配分。最終的に、古賀の尾までは26分52秒でベストタイムも更新していました。今日は、登り始めからトルクがかかる感触がとても心地よくて、楽に登れていました。

背振山頂まで行くと、アブの襲撃に遭う可能性が高いので、迷わず三瀬の北山ダム方面へ。
山中なのでアップダウンが続き、信号もないため良い練習コースでした。
北山ダム湖を周回することで距離を稼げるので、今度メンバーと走る時は2周回することでおきなわ対策となりそうです。

f0371356_17224187.jpg
再び46号線に戻り、古賀の尾に向かいます。売店でボトルを充填します。
ここで、休憩中の佐賀から来られたというCANNYONのバイクに乗るサイクリストさんと雑談。
英彦山に向けて練習しに来られたとのことでした。お互い頑張りましょう!

一度登り返してから、下り平坦基調の帰路になります。
ENVEのワイドリムはとても安定しており下りの安定感抜群。そして、GOKISOのリムは無音でとてもよく転がり、地面を滑っている様で心地よい。今日は無風で、平坦基調の道は筑後川土手沿いを選択。平坦路を無理なく、速めに走り続けられる速度となると、大体33-35km/hrです。最後の20kmほどは黙々とペダリングを意識しながら、とにかく、楽に速度が出ることだけを考えて回し続けます。そこまで無理してなくても、TTポジションでペダリングがハマった時には40km/hrほどは出ますが、集中が途切れると速度が落ちてしまいます。

3時間ちょっとで95kmと100km届かず。平均速度を30km/hrを目安にしていますが、こちらも少々及ばずでした。
ようやく仕事もひと段落着いたので、自転車の練習も時間を増やしていこうと思っています。

●8月20日 3Hr fast run: 3:16:24, 95.3km, Up 1138m, 2149Kj, ave29.1km/hr, 242TSS

[PR]
by digdug0526 | 2017-08-20 18:19 | Comments(0)

06.14 ローラー練

帰宅後にローラー出来るといいな。と思い、朝からそのつもりで仕事を進める。
午後は、デスクワークをする時間もとれて本当に良かった。

20時過ぎからローラー開始。練習できるチャンスを有効に!
今日は、しっかり追い込むことを目標にする。
最近は、専ら10分間SST-FTP強度で回す練習を繰り返しているけど、退屈になってくるので、時々ダッシュを挟んで気を紛らわせる。
この練習方法って、実は確立した方法みたいで、クリスクロスという乳酸処理能力を上昇させるメニューらしい。ただ、ダッシュの回数が2分毎に30秒VO2maxを挟むというものなので、これまでの自分のメニューではダッシュが少ないことは分かった。

①10:00, ave271w/ NP 273w, ave160bpm, 89rpm

何本できるかは1本終わるたびに判断することとして、とりあえず開始する。少なくとも250wを下回らない様にしながら、2分毎にダッシュする。出来るだけVO2maxを超えないことを意識。だんだん、脚が回ってきて、最終的にはベースは270wくらいで安定するけど、そこまで無理していない感触で1本目終了。

f0371356_20442889.png
②10:00, ave271w/ NP 271w, ave167bpm, 86rpm
③10:00, ave272w/ NP 273w, ave171bpm, 83rpm

5分休憩して2本目・3本目と繰り返す。ほとんど同じ出力で終了。
ただ、心拍数が上がってケイデンスが下がっていた。徐々に疲れて来ているということだろうか。
4本目は気持ち的に続ける気にならず、違うことをすることに。こういう時はTABATAに限る。

TABATA: 4:00, ave303w/ NP308w, ave171bpm, 89rpm

久々にやったが、脚よりも心臓が苦しい。
全て400w以上に揃えられる様になりたいものだ。

f0371356_21073297.png
06.15 ローラー練: 1:25:24, ave184w, NP225w, 944Kj, 104TSS

ローラーでは、100TSSまで回すのが限界かな。集中力が保てなくなってくるので。
ほとんど休憩なしの高出力を挟んだ1時間25分は、実は脚力的にこれまで出来ませんでした。しかし、地道に続けている成果なのか、あんまり疲労なく出来る様になったと思います。最後にTABATAも出来たのは収穫でした。久々に充実したローラー練だったかな。
次は、20分間TSS-FTP出力をベースとして、2分毎のダッシュを挟むクリスクロスメニューをしてみようと思います。きっとヒルクラ耐性もついてくれることを信じて。

[PR]
by digdug0526 | 2017-06-14 23:00 | Comments(0)

02.26 サイクルフェスタ in 桜島 2017

昨年に引き続き参加して参りました。

PARABOLAからの参加メンバーは3名です。
JCF登録カテゴリー: 加藤くん
40代カテゴリー: 水町さん
30代カテゴリー: 筆者

第一ステージ: 2.8km TT
f0371356_20592754.jpg

f0371356_21000333.jpg
加藤くん: 2位 Time:3:34:75

今年はSHIMANOレーシングの入江選手に及ばず2着
シマノや鹿屋体育大学の選手を抑えての2位は凄いの一言です。
シマノの監督に声掛けられてたからスカウトかと思って心配してたら違ったみたいです('ω')
f0371356_21114105.jpg
f0371356_21120715.jpg
f0371356_21041191.jpg
水町さん: 2位 Time:3:49:02
比良さん: 3位 Time:3:52:13 (セレクシオン南九州)

お二人とも強豪です。
ロードレースでは常に上位に入る常連さんですので順当な結果です。
水町さんはノーマルバイクでこのタイムは尋常ではなかったです。
普通にシマノレーシングの選手よりもいいタイムです('Д')

f0371356_21131800.jpg
細!
f0371356_21203449.jpg
筆者: 3位 Time: 3:56:75
Data: 41.0km/hr, ave:325w, 90.6rpm

とりあえず、TTに向けて準備したことは…というと、
エアロヘルメットにしたことと、すね毛処理をしたこと!
鹿児島ってもう少し暖かいもんかと思っていましたが、普通に寒かったです('Д')
気合いのワンピースだけの軽装で出場しましたが始まってしまえば寒さも感じませんでした。
最後まで踏み続けて、終わった後は大腿四頭筋が崩壊しそうになってしまいました。
インターハイ優勝実績もある2位の津末選手と2秒差というのは、よく頑張ったということにしておこうかと思います('ω')ノ

第二ステージ: 5.6km ヒルクライム

残念ながら、それぞれカテゴリーで健闘しましたが3位入賞はなりませんでした。
加藤くん: 12位 13:55:84
水町さん: 5位 16:26:87
筆者・・: 6位 16:05:02

f0371356_21310476.jpg
スタート位置が登録選手の集団から随分離れた後方で、追いつくために序盤の勾配がきつい区間をアウターで踏み続けることとなりました。
気合で追いつき2km程までは先頭集団でしたが、去年に続き尋常ではない強度にとても耐えきれなくなり落ちてしまいました。
あとは、ひたすらゴールはまだか…と耐え続けるのみでした。
最近お知り合いになったヤマモトさんに最後追い抜かれました。後半強いんですよねー。英彦山と同じ抜かれかたです。

先頭集団でゴールした加藤くんとのタイム差は2分。プロとの差だと思います。
この2分を縮めるため出来ることは何だろうかと考え始めてます|д゚)
…上り終えてヒルクラのログを取り忘れていて凹みました…。
f0371356_21374772.jpg
加藤くん、総合5位と実力を発揮していました!おめでとう!
PARABOLAに戻って来てくれて嬉しいです。
全日本選手権での活躍を期待したいところです!

夜はon callだったので、鹿児島からの長い運転もあったので閉会式は参加せずに先に失礼しました。
3月は九州チャレンジサイクルロードレースです。
可能な範囲内で練習強度を上げて、コンディションを作って行きたいと思います。

[PR]
by digdug0526 | 2017-02-26 23:30 | Comments(2)