11.26 緩和ケア講習会

今日から2日間缶詰の緩和ケア講習会。
自身専門診療科の関係もあり、大学に帰ってきてから3年連続3回目のお手伝い(強制)参加。
参加してくれてる先生たちの勉強になるように頑張らなきゃ。

f0371356_22033713.jpg
注: 写真はイメージです

日田からいらっしゃる方から頂きモノが…。

「鹿を仕留めたからサバいて来たよ。刺身で食べるのが一番美味しいから是非どうぞ!!」

ありがとうございます(汗)
ちなみに、生で食べない場合はどの様に調理するのですか?とお聞きすると、赤ワインに付け込んで焼くとのこと。
一緒に居られた御家族にも、いつも食べられていますか??とお聞きすると、「はい (当然の様に)。」('Д')マジでー

いわゆるジビエってやつです。
家に鹿肉到来。初めてなので騒然としています。僕と奥さん二人だけですけど。

イノシシはムシ(寄生虫)がいるから生食は禁止。
鹿の生食はE型肝炎(←珍しいけど有名)に感染することが知られているのでオススメできません…。

折角頂いたので、何とか食べようと目論んでおりますが、どうやって食べようかと悩んでおります。
色々とググって美味しく食べる調理方法を調べているところです。またご報告します。

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-26 22:27 | 日常生活 | Comments(0)

11.24 ローラー練

11.24 ローラー練

外勤の木曜日。今日は色々とあり疲れたので、直帰させて頂いた。
帰りのクルマの運転中にローラーのmenuを考える。30-30secインターバル:10本+αでサクッと終わろうということで。
αはローラーしながら適当に決めることにした。結局、30-30sec 20本をした。
f0371356_21513256.png
1set目      2set目
(ave/max) Power
①500/ 604w   ①367/ 439w
②461/ 539w   ②373/ 408w
③413/ 478w   ③373/ 424w
④423/ 475w   ④364/ 395w
⑤387/ 493w   ⑤345/ 401w
⑥408/ 455w   ⑥358/ 393w
⑦389/ 431w   ⑦348/ 410w
⑧402/ 452w   ⑧352/ 414w
⑨395/ 454w   ⑨323/ 428w
⑩406/ 518w   ⑩450/ 560w

1set終わって、終わろうかと思って流していたら、だんだん復活してきてもう1回することに。2set目は全体に出力は押さえ気味、ケイデンス重視で。途中で止めたくなったけど止めずに完遂。今日はすっかり冬らしい冷え込みになって来た。防寒も兼ねてサウナスーツ着て練習し、終わったあとに体重:62.8kgとダイエット効果抜群。高出力のインターバルをしていると地脚できてくるだろうか。

00:48:30, 14.3km, 71TSS, 569Kj, NP:245w, 87.5rpm

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-24 22:16 | 自転車 | Comments(0)

11.23 勤労感謝の日

6時に自然と目が覚める。
On callだし、朝のうちに少しだけでも乗っておこうと思いたち、高良大社まで。

●高架下- 高良大社 3.1km, 5.0%, 268w, 9:15, 164bpm

自分の中で70-80%ほどの力で上ったつもりだけれども…まぁまぁキツかった…。
大社裏の勾配キツイところはムリせず上り、森林公園まで。
f0371356_21291719.jpg
日の出は随分と東側にずれて来ていて、夏の頃と随分違っている。
北野方面を臨みながら。今朝は、VC-fukuoka フジタくんが北野朝練を呼び掛けていたことを思い出します。今朝はゴメンね。そう思うと、少しだけ刺激を入れたくなってきた。30秒上りインターバルを6本しようと思い、森林公園をパラボラ方面に下った直線区間でダッシュをしてみることに。

(ave/max) Power
① 520/ 813w
② 683/ 869w
③ 590/ 775w
④ 527/ 738w

重めのギアで踏みました。終盤につれ、だんだん勾配が上がってくるためペダル踏めなくなってきます。
4本で終わり!!

下りは寒い。紅葉も見れるし。ということでゆっくり下ります。
もう、大社-森林公園朝練も今日で最後かな。
今年一年、練習でお世話になりました。ありがとうございました。

f0371356_21214467.jpg
1:17:31, 22.87km, 92TSS, 559kj, NP:229w

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-23 23:45 | 自転車 | Comments(0)

11.20 90km non stop fast run

11.20 90km non stop fast run

昨日、しこたま食べて呑んで、今朝起きたらソファで寝落ちしていた…。
拘束される仕事の無い最後の日曜日。奥さんが学会から帰るお昼まで練習に行くことに。

8:30と遅めのスタート。食事は、昨日たくさん食べたから、自転車乗りながら食べる、カロリーメイト2本×2袋とスポーツ羊羹1本背中に入れた。コースは3時間ちょっとで帰れる、大瀬耳峠を上って、星野村、上陽経由で逆パラボラを上ってぐるっと1周の90km、獲得標高1000m。時間も制約があるので、信号以外は止まらないfast runをすることに。100kmコースかと思ってたけど10km足りなかった。
f0371356_21582825.png
大瀬耳納峠を上り終えるところで、左クランクのパワーメーターが表示されず、電池切れの模様。表示パワーが右クランク分だけに半減して、モチベーションも半減…。最後までタレない速度で淡々と踏む練習なので、速度だけを見ながら踏み続ける。

●大瀬耳納峠 10.8km 31:22 242w

35km走った後にしては好タイム。300w以上での維持も比較的無理せずできた。おきなわ練の御蔭で、上りの調子は依然と良い。星野村への下りは工事中かつ雨の後でパンクしないかヒヤヒヤ。スピードも出せず、慎重にクリア。あとは裏パラボラまでの緩い下り基調の区間は信号も無く淡々と回せるが、結構脚に来る。実は結構好きな区間だったりする。

●裏パラボラ 4.0km 240w

積極的にダンシングを織り交ぜたりして上る。脚が攣りそうな兆候もなく、最後までタレることもなく、ベストタイムを更新していた。脚が攣ったのはおきなわの時くらい。それくらい高強度ということだけど、脚が攣りそうなくらいになる練習はできてないなぁ。レースが最高の練習ってことかな(謎)そして、パラボラの下りは先日の雨で杉の葉が道路を覆いスリッピー。慣れている道だけど、慎重にゆっくり下った。紅葉狩りに来た車との離合が多く、ゆっくり下っておいて良かった。

Fast run。 設定した距離を維持できる最速の一定速度で走る練習。最初と最後の上りのave power 240wでほとんど同じなので、一定に踏めているということかな。帰ってからもあんまり疲労も感じなかった。おきなわも終わった事だし、丁度いい強度だろう。3時間30分弱で帰宅。こうした練習は、地脚をつけるのにもって来いで、スタミナつけるのに向いている。思ったよりも暑くて、帰ったら体重が64.5⇒62.7kgになってた。ボトル2本装備したけど少し補給が足りなかったかな。

f0371356_22043798.jpg
帰って風呂入ったり片づけしてたら、奥さん帰宅。
リンガーハットで昼食。野菜チャンポン麺増量。写真で見るよりボリューミーでした。
今週は、祝日・週末がon call 講習会講師など予定埋まっているので、時間見つけてローラー回そう。

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-20 22:28 | 自転車 | Comments(2)

11.19 試乗会からの慰労会

11.19 試乗会&展示会

嬉野の(遠い遠い…)外勤先が終わってから、久留米でプレ開催されている試乗会へ。
タムさん、ヒラタさん、次男ブーくん、カサちゃん、テシマさんとお会いしました。

f0371356_21101887.jpg
ブリジストンアンカー 清水都貴選手と

こんな普通の格好でスニーカーではあったものの、折角だと思いDOGMAやRS9、COLNAGO コンセプトに乗ってみました。分かったことは、自分のWilier zero7よりもカッチリしているといくことくらい…。ちょっとしか乗ってないので正直よく分りません…。あと、気になっていた、Dura ace Di2がDOGMAに装備されており試させてもらったけど、軽いタッチで変速するのは凄く、特にフロントギアの変速は衝撃的でした。個人的には、機械式のスパーンと決まる変速の方が好きだと感じました。

このオフシーズンにDura ace 9100付け替えを考えています。ホイール新調も検討中で、ENVE SMART SYSTEM 2.2の購入を考えています。そして、ハブはGOKISOなんてどうだろうと悩み中。iwaiさんでもENVEの注文は出来なくもないとのことだけど、まだ確定的な感じじゃなかったからまだ分りません。

f0371356_21321870.jpg
f0371356_21394618.jpg
焼き肉@中津留

夜は、職場のメンツで誕生日会&慰労会へ。
お肉たくさん食べたけど、油がくどくなくてとても美味かった。
その後、一杯BARで飲んで、〆は迷わず淡水化物!!久々に罪悪感なく行けて嬉しかった。

f0371356_21421649.jpg
ホントはラーメン食べたかったけど、どこも多かったのでめん棒うどんへ。酔っ払ってて、かしわおにぎりも食べた様な…。たくさん食べて満足な夜だった。

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-19 23:07 | 日常生活 | Comments(0)

合格通知

f0371356_22032866.jpg

今後のために博士号まで取っておこうと思い、先月一応試験を受けておいた。
その合格通知が届いてた。ほとんど全員が合格する様な、易しい英語の試験です。

乙号とは大学院に行っていないけど、臨床研究を行って論文作成をして取得する博士号のこと。
博士号を持っているからスゴイわけでも何でもなくて、よく、「足の裏の米粒みたいに取らないと気になる。」程度のものです。
折角論文も書いてるし、もらえるものならばもらっておこうと思います。


[PR]
by digdug0526 | 2016-11-18 22:12 | 日常生活 | Comments(0)

効率の良い練習とは

11.14 仕事から帰って風呂の前に30分ほどローラーを回す。

沖縄の疲労も抜けてきてようやくサドルにまたがる気持ちになってきた。
負荷maxに戻し、38-28TでアップをしてTABATA protocolをすることにした。
20-10sec 1set ×8本が通常だけど、10本に増やす。これがギリギリ我慢の限界なので好んでやっている。
f0371356_21085873.png
本数を重ねるにつれてmax 400wも出なくなるが、何とかイーブンを保とうと粘る。
気持ちきれずに追い込めた。

ちなみにO-40 優勝の塚タク変態先輩は、30-10sec 1set ×10本。もはや原型留めてない。
でも、優勝しちゃったから、これをやると優勝に近づけるかもしれない!?
52歳なのに凄すぎ…。TABATA死しないか心配です(爆)

-----------------------
11.15 同じく帰宅後にローラー。
本当は朝にしようと思っていたけど、明け方に呼び出されたのでDNS。

f0371356_21173304.png
昨日と同じ30分だけだけれども、趣向を変えてインターバルにした。30-30sec ×10本 
400wで30sec と決めて開始して、最後の3本は500wまで上げて我慢する。
時間は短いながら汗だくになれて追い込めた。

-----------------------

…追い込めた??本当に!?
効率を求めて練習するのは大事だけど、強くなるためには、短時間で効率よくキツい思いをできるかどうか。
ということに尽きると感じている。

TABATAもキツいし、インターバルもキツい。
けど、時間を置いて客観的に自分の波形を見つめていると、何だか力をセーブしている感が否めない。
もっともっと踏み込んで、ボロボロになったとしたら、パワーは右肩下がりになるだろう。

TABATAも30秒インターバルも、せいぜい5-10分で終了するから、モガけなくもない時間。
練習で効率を求めるのもいいけど、もう少し泥臭く色々やってみようと思った。

今まで月に1000kmすら乗ったこと無い自分は、シーズンオフが存在しなくて、通年コツコツとトレーニングをすることが調子を保つ秘訣です。


[PR]
by digdug0526 | 2016-11-17 23:00 | 自転車 | Comments(0)

11.14 古宇利島ライド

11.14 古宇利島へリカバリーがてらにサイクリング…のはずが…

飛行機までの時間、美ら海水族館組とサイクリング組に分かれました。
美ら海⇒タムさん、ぐちけんさん、次男ブーくん、ゾノくん、ゾノさん
サイクリング⇒テツさん、ぐっちさん、キム兄、イドシンさん、グーカワと自分

f0371356_22451965.jpg
オクマから片道30kmほど。
天気もよく、ブルーの海は沖縄に来ている事を感じさせてくれました。
f0371356_22491829.jpg
景色を楽しんで、チェックアウトまでにホテルに戻ります。
今日は30kmまでしか上げたらだめですよ~。とか言っていた様な…(汗)

帰りは、何処でスイッチが入ったのか42-43km/hrの高速巡航に(・・;)
特にイドシンさんの引きはひどかった…。もはや土手練でした。
ホテルのそばで、本当のリカバリーをしていたなるしまのメンバーがいましたね。こうあるべきです…。
自転車乗りにあるある、サイクリング詐欺に遭いました(泣)

61.4km, 2:03:10, 1063kj, NP:196.2w

チェックアウトして。昨年に引き続き、那覇市のジャッキーステーキハウスへ
f0371356_23025409.jpg

f0371356_23001287.jpg
250gのステーキをオーダー。
赤身脂身少な目で、肉の味がしっかりしてウマかったです。

その後、那覇空港へ向かい、福岡へ戻りました。
ツールドおきなわが終わって、ようやく夏が終わった気がします。

最高に濃ゆい楽しい3日間でした。
参加した皆さま、本当に楽しかったです。ありがとうございました。
来年も、今年成しえなかったことを果たす為におきなわを訪れましょう。

f0371356_23081276.jpg

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-14 22:30 | 自転車 | Comments(0)

レース当日の朝。
4時に起床し直ぐに熱いシャワーを浴びる。

5時から朝食を摂るが、100kmなので、ご飯1杯とお味噌汁と豊富なおかずを少量ずつ。
これくらいの距離であれば、補給を取りながらであればそんなに食べなくても大丈夫。

ボトルは2本ともOS-1で充填した。
補給は、容量150mlのソフトフラスクに
①メイタンゴールド 5本
②マグオンジェル 3本 + アミノバイタルで薄めたもの。
固形食は走っている最中は苦手なので持っていかず。…結果からは、自分としてはレース強度から食べられたものではなかった。
f0371356_21465772.jpg
コテージ707組で写真撮影をして、集合場所へ。
朝6時過ぎは沖縄といえども肌寒い。

f0371356_21495265.jpg
奥のスタート地点までトラックで搬送いただく。


奥のスタート地点は、谷間の様になっていて、到着してから日が射すまでに時間がかかる。アームカバーだけで寒がっていたら、ぐちけんさんがベストを貸してくださった。大変たすかりました。

f0371356_22053207.jpg

奥の上りにウォーミングアップへ向かいます。
1本みんなでサイクリングペースで上っている最中にも、徐々に気温が上がってきて、直ぐに身体が温まります。上りの脚の調子も悪くない。ペダルの踏み方、ハンドルの握り方、関節の可動、一つ一つ確認するように一番最後尾で上りました。

f0371356_22020496.jpg
右隣りはチャンプ。この時は塚タク先輩が優勝されるとは思ってもいなかったです…。

その後は、スタートまでチャンピオンレースの集団を見送ったり、自転車仲間と再会して会話を楽しんだりして過ごします。
こうしてのんびり過ごせたのは、棚ぼたシードゼッケンを与えて頂けたからだ。女子国際がスタートしてからは、いよいよ、100km O-40がスタートを迎える。

f0371356_22093939.jpg
photo by タムさん

今回の100kmメンバー。
O-40: タムさん、テツさん、キム兄、ぐちけんさん、ぐっちさん、塚タク先輩
U-39: ゾノくん、グーカワ、自分

そして、
市民210: イドシンさん (VC-fukuoka)
市民50 U-30: 次男ブーくん

O-40の皆さん一人一人に気持ちを伝えたくて、ソバまで行き、握手と共にエールを送ります。皆さん、いい顔していました。
チャンピオンレースのレース展開から、予定時刻よりも早くスタート。あっという間に全員いなくなりました。
ここからは、我々の100km U-39のカテゴリーの順番です。前方から3番目に位置取りしました。

10:08 号砲と共にスタート。
先導車が500m程前をゆっくり走ってから、旗が振られレースが始まる。
去年は、変に緊張しており、周りが見えなくなっていたけれど、今年は不思議と平常心。ただ、奥の上りの途中までサイコンのスイッチ入れるのをわすれていた…。

●奥の上り● 4.0km ---データなし
昨年4位で、我々のヒーロー加藤くんより着順が前だった、ギンリン サコマさんをマークしていた。スタート直後から、左右スペースからたくさんの選手が前に上がっていく。あっという間に50-60番手くらいまで下がる。グーカワとゾノくんを確認したところ、道路右端に不敵な笑みを浮かべるグーカワを発見。なかなかたくましいぞ。ゾノ君くんは、我々の姿を確認できる位置取りをしていたようだ。この後は大集団なので、やや前方から下がりすぎないところに位置取り。みんな血気盛んで落車には巻き込まれない様に注意を払う。

メーターのスイッチ入れ忘れているのに気付き、スイッチオン。大体280wほど。力を貯めながら上ります。50-60番手のまま奥の上りをやりきって、海岸沿いの下りへ。番手を上げようとしてくる選手が右車線から前方へ。先頭が確認できる位置取りをキープしながら、普久川ダムの上り口へ。40-45km/hrで巡航し、序盤からペースが速いなと感じていた。

●普久川ダムの上り● 7.2km, 18:21, 23.7km/hr, 278w
大集団で上りに入る。もう一つの集団しか無いんじゃないかというくらいの大集団だと感じる。入りは300wくらいなので自分にとっては耐えられるペース。サコマさんやVC-fukuokaの秋田さんを視野に捉えつつ、リンク東北の選手が滅法強いという噂は聞いており、常に視野から逃さない様に上る。4kmくらいから、長い…まだか…。と思いながらしっかり我慢。だんだん選手が千切れていき、ようやく走りやすくなってきた。KOMポイントを先頭集団で通過する。まだ上げられても耐えられる強度だったと思う。実は、最も不安に感じていた普久川ダムの下り。ぐちけんさんとキム兄に教わったとおり、前の選手のラインを被せるように下る。何とか先頭集団のまま学校坂の上り口へ。
f0371356_13233502.jpg

地味に真ん中の緑ジャージの選手の後ろにいます(汗)こそっと写ってます。
photo by シクロワイヤード


●学校坂● 1.8km, 6:11, 17.6km/hr, 292w
淡々と上るペース。周りの選手は話しをしている様な雰囲気。一人、台湾の大柄の選手が飛び出ていったが、しばらくしたら吸収された。

ここから約35km区間は、下り基調ながらアップダウンが続き、地味に脚にくる。更に先頭集団の強度は高く、結構疲労が溜まっている感触があった。結構な強度で上るなか、普通に会話する強い選手がいる集団内で、自分の余裕の無さを感じる。たくさんの集団を追い越していく中で、とあるO-40の集団の先頭を引くパラボラジャージを確認!!「たむさーん!!」と思わず叫んでしまいました。後ろからタムさんの声を受け、気持ちが前向きになれました。

●慶佐次の上り● 3.1km, 6:31, 29.2km/hr, 226w
100km 唯一の補給地点。ここで無理に補給を受けに行き落車する話しはよく聴きます。慎重に水を受け取り、そのまま飲んでしまう。ここで、先頭のペースが上がりました。集団は30人くらいだったので、絞りにかかったのだと思います。後から聞いた話しでは、リンク東北の選手が単独で飛び出して、しばらく経ったあとだった様です。そこで、1回目の脚が攣りそうに。マグオンジェルを口に含み、集団後方まで順位を下げながらも気合いで張り付きます。

●有銘の上り● 1.4km, 4:27, 19.2km/hr, 308w
次々と現れる短いながら勾配キツメのアップダウンが脚を削って来ます。ここでも先頭のペースは上がり、また脚が攣りました。だんだん先頭集団が離れていきそう…になりますが、これまた下りで気合で追いつきます。もう必死。もう一つ名もない上りが来ます。ここでも脚が攣りますが、何故か我慢して回していると回復してきます。このあたりで一緒に粘っていたグーカワが切れていきました…。結構、ここで集団が絞られたように感じました。

前方100mほどに先頭集団10数名が見えており、切れてしまいそうになりましたが、下り基調で同様に千切れた残り2人と回して先頭に復帰。根性出しまくりました。

この辺りでは、140kmの先頭集団を女子国際100kmの追走集団を次々とパスする高速集団でした。42-43km/hr程の巡航です。
羽地ダムに至るまでの平坦区間では、一列に伸びた先頭集団は20人ほど。集団最後尾のツキイチで失礼しておりました。

●羽地ダムの上り● 1.6km, 5:50, 17.3km/hr, 251w
90km地点。いよいよレースも正念場へ。上り始めてから、ペースアップがかかり、踏み込んだところで両脚が攣りました。もう脚を回すことだけでイッパイイッパイです。でも耐えていたら、脚が回復してきました。もう、高出力は出せないけど、もっと弱っている選手をパスしていきます。もう周りには自分と同じカテゴリーの選手はいなくなりました。先ほどかわした140kmの先頭集団から千切れた人たちが作ったパックに交じりゴールを目指します。しかし、そこに残る脚も残っておらず、単独走に。58号線に向かう下り区間で、88km/hrを記録。カーブでは吹っ飛ぶかと思うくらいGを感じた。

最後、直線区間では、前にも後ろにも選手が誰もいない。
後ろから追いついてきた140kmの二人に合流してゴールを目指す。
どうして脚がこんなに軽いのだろう。すると前に一人U-39の選手を発見した。
不思議とサラ脚になった自分は、その選手の後ろに張り付き単独スプリント開始。そしてゴール。

最終的に二人の逃げ、VC秋田さんの単独逃げで1・2・3位。
その後は集団で駆け引きがあり、サコマさんはジャスコ坂で脚が攣ってゴールスプリントに絡めなかったと仰っていました。
本当に強い人たちですら、こんな局面でレースを終えていたとは…。
f0371356_23275706.jpg
photo by 次男ブーくん

また、最後のひと踏ん張りが効かず、勝負所に加わることができなかった。
脚が攣らなければ…と思うが、これが自分の実力ということ。

あんなにたくさんいた先頭集団の選手が、ふるい落としの様な上りの連続で一人また一人と切れていく。結構な強度で進むレースだったけど、自分は集団の後ろに張り付いていただけで、何にもしていない。というか、何かできるレース展開でもなかった。振り返ると、終始レースを作り、最後は単独で逃げきったリンク東北の選手の強さが際立ち一人勝ちだろうと感じた。逃げて勝てる選手は本当に強いと思う。

自身の目標は達成できたけれど、何故か悔しくてたまらない気分だった。

Result--
19位, Time 2:58:06, Topとの差:0:04:32
平均速度: 36.2km/hr
NP:238.5w

f0371356_23461599.jpg
f0371356_23554443.jpg

メンバー全員怪我なく好成績を上げることが出来て嬉しい限りです。
特に、塚本さん(塚タク先輩)が市民100km O-40で52歳ながら優勝を勝ち取られたのは、嬉しくて仕方なかった。
しかも、途中から単独の逃げを決めて!!そして、キム兄は安定の表彰台!!Parabolaから二人も表彰台は快挙です!!

来年はもっともっと強くなって沖縄へ帰ってきたいと思います。

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-13 23:00 | 自転車 | Comments(2)

11.13 ツールドおきなわ2016 100km under39
f0371356_22053207.jpg
PARABOLA メンバーと共に奥の上りでアップ中

結果: 19位
記録: 2:56:06

昨年の優勝タイムよりも8分も早いタイムを記録していました。
平地も上りも終始ハイペースだった様に思います。
全てを絞り出して、この結果でした。
レース詳細は後日アップします。

[PR]
by digdug0526 | 2016-11-13 22:02 | 自転車 | Comments(0)