07.30 JBCF 椿が鼻HC

f0371356_21412865.jpg

7月30日 大分県日田市で開催された第4回椿が鼻ヒルクライムに出場してきました。
まとまった練習時間の確保の難しい7月ではありましたが、折角エントリーした大会でしたので、ベストを尽くすことを目標に向かいました。また、実業団で走る初めてのヒルクラだったので、今の自分の実力でどのくらいなのかを確認しよう。とも思っていました。

起床時の体重:65kg
6時に久留米を出発し、7時過ぎに日田大山町に到着です。
結構早めに着いたかと思いましたが、メンバーの皆さんは既に到着されていました。
本日の出場メンバーは、

エリート: サカザワさん、ナカムラさん、カトウくん、グーカワ、私
年代別:ツカタクさん、ぐちけんさん、マツダくん、ゾノくん
応援:UYAくん夫妻、ヒラタさん

久留米から近いこともあり、大所帯で参加です。

---------------------------
スタートは9時20分です。
日田は気温が高くて有名であり、既に暑さがハンパなく、サイコンの気温は32℃を指しておりました。
汗っかきで暑さに弱い自分は、短い距離のヒルクラですが、無事に完走できるのか!?と不安でした。

私の出走するE3は25名です。
小さな集団でパレードスタート。スタートゲートをくぐって、リアルスタート。二人ほど飛び出していきますが、8%ほどの登坂が4分程続きます。ダム湖の横の平坦区間で集団になるので、ここは集団前方で位置取りします。VCのミツカミくんが先頭で、上げていくのかと思っていましたが、やや強度は高いものの、自分にとってはまずまずのペース(後から聴くと、今日は全然上がりませんでしたとのことでした)。一列棒状の集団となり、飛び出していった二人は平坦区間前のトンネルで吸収しました。まだ、始まったばかりで元気ですし、レースともなるとアドレナリンが出て、いつもより高い出力を維持できる不思議。

平坦区間を超えて、緩い上り基調の中に、短いながら勾配のある区間が続きます。
この辺りで既に先頭集団は8人くらいになっていたと思います。正直なところ、既に自分にとってはオーバーペースであり、白目剥きながら、最後尾に根性でへばりついておりました。しかし、頑張ってはいるもののジリジリと離されていきます。後ろから追いついてきたお二人に張り付きますが、この二人もキツそうながら粘り強い…。こちらが先に耐えられなくなり、千切れて一人旅になりました。

残り2kmくらいから勾配10%を越えっぱなしのキツい区間になって来ます。
前にVCのタケウチくんが見えていたので、少しでも着を上げようと粘ります。数mがなかなか詰まらない。悶絶していたら、一人後ろから上がってきた選手に追い抜かれてしまいますが、着いて行けない…。

残り1kmの壁の様な坂が見えてきます。最大で20%に達する激坂が、このタイミングで現れるのは、修行の何ものでもありません。ここがキツいことを御存知なので、応援メンバーが集まってくださるわけです。UYAくん夫妻は、PARABOLAの旗を作って応援してくれていたので、キツ過ぎて視野狭窄していた自分にも直ぐに分かりましたよ(涙)この旗はみんなで大事にしたいですね!ヒラタさんも応援してくださっていて、もう全くいいところ見せられなくて無念でした。

道路わきに置いてある、ゴールまでの残り距離を示す表示が心を折ってくる。
500mからが異様に長く感じられた。そして、最後のコーナーのところでぐちけんさんが、
「後ろからグーカワ来てるぞー!踏め!!」

と言われ、振り返ると気付かれた!という顔をしたグーカワとスプリント開始。
僅かに捲られてしまい終了でした。終わり方が悪かったですね。

●椿ケ鼻HC: 40:57, ave:258w/ NP:280w, ave:181bpm/ max:190bpm, 87rpm

ベストの出力とは程遠いデータです。
今回の順位や結果に満足などしていませんし、まだまだ出来ることはあると思います。
その点ではモチベーションも上げられて、参加して良かったです。

ゴール後は表彰&久々に会う自転車仲間と話しが盛り上がります。

Parabolaや知人の結果は
E1カトウくん 2位
悔しそうでしたが、我々からしたらスゴイです!
岩切さん 5位 安定の強さですね!
f0371356_21260847.jpg
photo by kamome asfalt suzukiさん

20代: ゾノくん 4位
最初の上りで飛び出した3人でそのまま着が決まったそうでした。それに付いて行かなかったことを後悔していましたね。
おきなわに向けて、強度を上げて行きたいとアツいコメントがあったので、是非お付き合いさせて頂きたいと思います。秘密兵器の導入があるとかないとか…。九医のマツダくんは年代別一位でしたね!おめでとう!
時間が合う時には一緒に練習しましょう。

ヨシハラくんは、10代で2位。
この先が楽しみですね。頑張れ!
f0371356_21315933.jpg
                        photo by kamome asfalt suzukiさん

30代: マツダくん 4位
おめでとうございます!地道に頑張り結果をだされる姿に尊敬です!
また、鍛えてください

f0371356_21422929.jpg
そして、ツカタクさんは年代別2位。表彰台でのムスッとした顔が印象的でした。
相当悔しかった模様です!それもそのはず、いつも表彰台のてっぺんの御方ですから!
f0371356_22063354.jpg

----------------------
参加された皆さま、大変お疲れ様でした。
今日の日田市は38℃まで上昇していたそうです(危)
UYAくん、ヒラタさん、この炎天下のなか応援ありがとうございました。とても嬉しかったです!
まだまだ暑い日々が続きますが、自転車ライフを楽しんでいきましょう!

[PR]
by digdug0526 | 2017-07-30 21:58 | 自転車 | Comments(0)

07.23 Parabola 山練

7月22日(日) parabola山練

7時前に2本登ろうか迷うが…迷わず2度寝してしまい6時起床。
パラボラ1本登るだけなので、BCAAを入れたプロテインだけ飲んで出発。
今朝おろしたてのNewシューズは、まだ馴染んでないので、クリートもアッパーも固かった。

本日は、耳納ヒルクライム第2戦 かんかけ峠 であったり、来週の椿が鼻ヒルクライムの試走であったりと少人数でした。
今朝のメンバーは、マツダくん、次男ブーくん、私。
水曜会から越智隊長と秋田さんの5人でスタートです。

ここ最近、どうも踏めないのですが、折角走れるメンバーとの練習を無駄にはしたくありません。
スタートしてから、自分の後ろをマツダくん、越智さん、秋田さんが続いています。苦しいけど自分がペースを作る様に先頭引き。大社前でマツダくんと二人になり、大社裏の激坂区間で、本日2本目のマツダくんを離し、その後は単独走となります。

独りになってからは、一定のペースで頑張りますが、28分とかベストが出た時と比べてキツいし遅いのが体感的に分かる。とてもではないけれど、30分を切ることが出来るパフォーマンスではない。今出来る力で登りきることだけを考えて、最後の激坂区間では完全に脚がストップしてしまいましたが、何とか登り切りました。山頂はガスってて、湿度も高く、体中が汗でベトベトで大変なことに(汚)
朝イチのパラボラ一本だけなのに、帰宅後の体重は62.4kg (-2.0kg)と激減していました。

◎Parabola: 31:59, ave 257w/ NP 276w, ave 178bpm, ave 79rpm

今朝は、早めに戻らなくてはならなかったので、残念ながら水曜会のお二人を送ることが出来ませんでした。
距離乗りたいときは大牟田方面までお付き合いさせていただこうかな。

次男ブーくんと二人で帰路へつきます。下りはそこそこの速度で丁寧に下ることを心がけます。
途中、パラボラを登る医学生さん達(4回生のアナイくん)とすれ違います。自転車乗る時はよく会うのですが、大学では一度も会ったことが無いという…。来年から実習に回ってくるのが楽しみです。

●07.23 Parabola山練, 1:35:04, 36.9km, Up 784m, 934Kj, 123TSS
------------------------
お昼は、久々に久留米荘のうどんを食べに。

f0371356_23534349.jpg
東京にいる時、唯一食べられなかったもの…それは筑後うどん。
うどんと言えば、コシがあって、シコシコしてるやつ。というのが定番な風潮です(個人評)。久留米を始めとする筑後地方では、やわらかい麺の筑後うどんが主流です。これだけは、東京で見つけることが出来なかった!
久留米荘のうどんは、やわ麺のうどんが、いりことかつお出汁を吸い込んで美味です。お勧めですよ!


[PR]
by digdug0526 | 2017-07-23 22:30 | 自転車 | Comments(0)

07.22 ローラー練

07.22 ローラー練

7月は学会が控えていることや、来年の学会発表の準備などデスクワークがかさむ。
今週末はようやく久留米で過ごせるが、オンコールを固めてもらった。48時間オンコール。
昨晩は飲み会で深酒のため北野はDNS…。

15時頃帰宅し、ローラーでアップし始めて3分後に呼び出し。
汗でビショビショになる前でよかった。17時過ぎに帰宅し、気持ち切り替えて再び取り組む。先週の心拍異常上昇が少々トラウマになっていたけれど、練習で追い込まないと仕方がないので、1時間しっかり集中することに。

○10min SST 1本目: ave:263w, ave:170bpm, 80rpm
○10min SST 2本目: ave:246w, ave:178bpm, 78rpm
○TABATA 4min: ave:290w, ave:184bpm, 83rpm

2本目の10分SSTは、強度も下がっているうえに、心拍は上がっており以前よりも負担になっていることが分かる。キツいけど、TABATAで高負荷に身体を曝さないとヒルクラのインターバルにも対応できないだろう。ショボイなりに追い込んでみた。しかし、ベランダ(室外機の温風付き!)のローラーは、この時期1時間が限界です。暑すぎて汗が尋常じゃなく、熱発散も出来なくて苦しかった。

来週のJBCF椿ヶ鼻ヒルクライムの前の付け焼刃だけど、パフォーマンスを上げて臨みたいです。PARABOLAの出走メンバーが誰も監督会議に出られないとのことで、急遽田村さんがレースに出ないにも関わらず行っていただけることに…。大変申し訳なく思うわけですが、この様に大変お世話になった状況で出場する以上は、出来ることをやってベストを尽くすのみです。

今日のボトルは、前回と同じく水700mlに食塩3gとBCAAでしたが、飲みやすく感じた。前回はしょっぱいかと思ったけれどどうしてかな?終わったあとの脱水による疲労感も軽度でした。この濃度が良いみたいなので、明日のparabola練で更に検証してみようと思います。
-------------------
f0371356_23373327.jpg
3代目のGIROのシューズを新規購入しました。GIRO EMPIRE 2017 ver. のnew colorです。
ヒモ靴ですが、アッパーの柔らかさと軽さが気に入っています。

[PR]
by digdug0526 | 2017-07-22 23:36 | 自転車 | Comments(0)

07.16 山練…

7月16日 2週間ぶりに自転車に乗る。

日曜日はParabola山練
久しぶりとは言うものの、2週間しか空いていないし。というのは甘い考えだった。
5時半出発でメンバーが集まる前に1本登っておくことに。

昨晩、ローラーしている時にも思ったのだけれど、心拍が上がる上がる…。
180bpmとか、レースの時くらいしかならないのに、190bpmとか。
年齢ごとの心拍限界を超えることは滅多にないのだけれど。とりあえず、いつにも増して弱っていることを薄々感じさせられながら登る。
最後の激坂区間の手前でマツダくんとスライド。

◎耳納Parabola(1本目): 32:58, ave248w/ NP 268w, ave179bpm, 79rpm

下ってから、少し休憩しているとメンバーが集合し始めます。

f0371356_20490808.jpg

Parabora: midoさん, マツダくん, 次男ブーくん, カトウくん
水曜会: 越智隊長, ヒロツ兄さん, 石川くん, ニシムラさん, ナカハラさん
那須ロードレースで落車して、怪我のために帰省&リハビリ中の群馬グリフィンのムラタくん
練習熱心なヒロツ弟さんも一緒です。

今回、お初の法政大学出身のシマブクロくん。
インカレで6位(だったかな?)の経歴だそうです。
また、新しい方が練習に来て下さって嬉しい限りですね。

2本目は、タイムよりも前の人に着けるところまで張り付いていくことを目標としてスタート。

後ろから水曜会の方々が上がって来るのを待ちます。
石川くんは登りが強いので、ペーサーになっていただくこととして、着いていきます。
大社まではかろうじて着いていきましたが、脚よりも息が苦しい。また、心拍が上がる。
ちょっと、ここは生命の危機を感じて千切れることとしました。

その後、マツダくんとニシムラさんにかわされ、淡々とゴールまで。
いやいや、久々に鉄の味しました!

◎耳納Parabola(2本目): 33:18, ave241w/ NP 258w, ave182bpm, 74rpm

f0371356_20493835.jpg
登り終わってから、皆さんとお話しして解散です。
折角、水曜会の皆さまが大牟田から久留米までお越し頂いたので、帰宅の道中をお供させて頂くことに。

グリーンピア八女経由で帰りましょう。ということとなりました。
だんだん、気温が上がってきて灼熱の様相を呈してきています。
久々に行くグリーンピア八女ですが、30分と少しですが休みが皆無の上りです。

ヨワヨワな自分に喝を入れる目的に、今の自分にはやや高めだけれども、300w弱で入ってペースを維持します。
当然の様にだんだん息が苦しくなってくる訳ですが、ギリギリ耐えられるところで登ります。
マツダくんを離して、トップでゴールかな?と思っていたけど、ニシムラさんにかわされ、さらに、最後のゲート前で後ろからマツダくんが追いついてきてスパート!

ここは負けてはなるまい!と私もアタック!
ギリギリ刺し込まれずゴール!こういうモガキは一人では出来ない練習なので有難いです。

f0371356_20504634.jpg
みなさん集まって来て、少々休憩して解散でした。
水曜会の皆さま、ありがとうございました!

上陽までマツダくんと一緒に戻って、広川ダムの入り口で我々は解散でした。
私は2000mは登っておきたくて、裏パラボラから杉谷経由で帰宅します。実は、朝からずっと感じていたことは、変則が全然決まらない。
特に、今日はずっと山登っている時に多用していた、インナーローにした時には異音がしっぱなしで少々気になっていました。そのため帰りにイワイさんで見て頂くことに。

小井出さんに症状を訴えると、「ハイハイ分かりました!」と右のブラケットカバーを外され、外した瞬間に「シフトワイヤーが切れかかってますねー…。アッ!切れました!」とタイムリーにワイヤーが切れました!朝から綱渡り状態だった様ですが、切れていたらギア固定で帰らないといけなくなっていたので本当に良かったです。

〇7月16日: 山練 4:32:05, 102km, UP:2237m, 2494Kj, 306TSS

2週間ぶりの練習は、ここまで身体の感覚が変わるのか!?と逆に新鮮でした。
かといって乗らないと元には戻らないだろうし、もっと強くもならないだろうし…。ということで、また、時間を見つけて負荷かけていかないとなと思いました。

あと、暑くなってきて熱中症のリスクもあり、日中の練習でパフォーマンスを保つのが難しくなります。特に気を遣う水分摂取のことですが、汗っかきな自分の備忘録として記載をしておきます。水分補給は、アクエリアスやポカリスエットでも良いですが、夏に汗の量が多い自分には、電解質が圧倒的に少ない割に糖分が多いです。

オーエスワンなる経口補液も売っていますが、500mlで200円くらいするので、ストックするにはやや高めです。
それならば、自分好みに作れば良いと思い、補給ドリンクを自分で作成することとしました。
身体の浸透圧を保つ電解質はナトリウムが中心です。カリウムは主に細胞の中にストックされているので、一日自転車に乗るくらいでは、減りはするものの、枯渇することまではありません。脚が攣るのは総じて疲労と脱水でしょう。

血液の塩分濃度は0.8%です。1.0%だとしても、500mlの水に5gの食塩を混ぜることとなります。流石にしょっぱいだろうと思い、700mlのボトルに試しに3gの食塩を入れて行きました。0.42%の塩分濃度です。粉砂糖小さじ2杯を混ぜ、BCAAはいつも通り混ぜておきました。感想は、この濃度でも許容範囲内だけどしょっぱい。もう少し、濃度調整は必要だと感じたけれど、後で水分摂取をしても、胃の中に水分が溜まる不快な感じは最後までなかった。高温注意報がでていたという、この暑い中をしっかり登れたのは、この塩辛ドリンクのお陰かと思いました。摂取した水分合計は、3750mlで帰ってからの体重減少もマイナス1.8kg。

あんまり、汗かかない方はここまで塩っ気はいらないと思いますが。
生きて帰れて良かった。

[PR]
by digdug0526 | 2017-07-16 23:00 | 自転車 | Comments(2)

07.02 parabola山練

4時半に起床して、プロテインだけ摂取して5時出発です。
右クランクのパワーもちゃんと表示される様になっていて一安心。

7時からのパラボラ練の前に、1本軽めに登っておくことにしました。
1本目を突っ込みすぎて、折角メンバーと走る2本目でついて行けない様では意味が無いので、あまり踏みすぎないことに注意します。
勾配がきついところは良いとして、目安は250wくらいを目安に温存しながら1本目を登ることに。

〇耳納Parabola(1本目): 33:55, ave:243w/ NP:266w, ave:157bpm, 80rpm

森林公園までに抑えすぎたので、後半区間は結構頑張って踏んでしまう。そして最後の激坂区間は休めない。結果として、そこそこ追い込んだ1本目であった。下りでしっかり回復に努めます。麓まで下るも少々時間があったもので、大社まで標高稼ぎとリカバリー目的に向かうが、1本こなした後だとそれなりに疲労を感じる。

7時前に集合場所でメンバーを待っていたら、サカザワさんが下ってきた。
…そして、そのまま行ってしまわれた(汗)今日は次男ブーくんの結婚式だから準備もあるので、皆さんお休みかな。まさか、誰も来ないとは思っていなかったので、少々凹みながら、もう帰ろうかな…。と悩みます。
しかし、乗れる時に乗らないといかん!と気持ちを奮い立たせ7時きっかりに2本目スタート。
スタート間もなく、ゾノくんとスライド。追いかけてくるかと思ってたら、裏parabola登って来てそのまま帰ったみたい。

2本目はとりあえず森林公園まで出し切って終わろう。と頑張ります。ひたすら我慢して回し続ける。キツくなってくると、前傾姿勢になってくる悪いクセが出てくるため、努めて上体を起こして大腿を引き上げる、ハムを意識したペダリングをします。登りは、上体起こして四頭筋を使わないペダリングする方が出力を維持出来ると思います。

大社裏を12分30秒ほどで通過し、森林公園でまだイケそう。と感じてタイム的にギリギリ30分を目標に修正です。
メッチャ頑張って回してたら、タムさんとスライド。みんな裏パラ好きね…。一緒に追い込み合いましょう(涙)。

〇耳納Parabola(2本目): 30:38, ave:270w/ NP:286w, ave:173bpm, 80rpm

f0371356_01380321.jpg

2本目は急勾配となるところでは、全くダンシングを維持出来なくて、失速していた感が否めない。
辞めて帰ろうかと思っていたけど、キチンと予定通り2本頑張れて良かった。

◎Parabola 山練: 2:44:17, 60.5km, Up:1457m, 1571Kj, 205TSS

---------------------

そして、本日はチームメイト 次男ブーくんと南ゾノさんのwedding partyでした!
自分たちの式なのに、我々を楽しませるために色々と考えて、準備を進めて来たんだろうなぁ。としみじみと思いました。ロードバイクで知り合った仲ですが、お二人の人柄に触れると、これからもプライベートでも仲良くしてもらいたいと思います。

f0371356_01522895.jpg
…1.5次会、2次会、3次会と普段なかなかお話しするチャンスがないメンバーともたくさん話せて楽しかったです!2次会の途中からだんだんお酒が回ってきて、自分が何話したのか覚えていない…。楽しかったことしか覚えていないという…。

f0371356_01565207.jpg
最後、ブーくん夫妻と△くんと4人でラーメンを食べて解散。
本当は、もっと△くんの幹事お疲れ様を労いたかったし、ブーくん夫妻にも式が素晴らしかったことを伝えたかったのに、早起きと12時間飲み続けているダメージが重なり、完全に思考が停止気味でした。何とか落車は免れましたが…。

△くん、2次会名幹事でした!本当に楽しかったです。お疲れさまでした!
ブーくん、ゾノさん、末永くお幸せに!

f0371356_02041782.jpg

[PR]
by digdug0526 | 2017-07-03 23:50 | 自転車 | Comments(4)

07.01 Parabola 山練

今日から7月です。
もう2017年も折り返しなんて早い。
限られた時間を有効に過ごすようにしなきゃいかんです。

-----------
07月01日 パラボラ山練

4時30分起床。今朝の体重は63.7kgでした。
2時間程の登坂練の予定なので、ダイエットも兼ねて朝食無しです。
ただし、ボトルの中身は水にBCAAを10g混ぜておきました。

5時前に出発して山に向かいますが、右クランクのパワー表示がされていない。
昨晩遅くまで調整したのに…。まぁ仕方ないので自分の疲労具合と速度で追い込むこととしました。

f0371356_23260621.jpg
それと、壱岐で故障したホイールも退院したので装着しました。

興味深かったことなのですが、スポークの1本が「くの字」に曲がっていましたが、ENVEのリムは無傷でした。コイデさん曰く、「このリムは物凄く頑丈に出来ているから壊れなかったみたいですよ。」とのことでした。通常であれば、割れていてもおかしくない衝撃を受けていた様です。もし壊れていたら、怪我をしていたかもしれないので。高価なリムであり、ホイールですが、乗り心地に加えて安全面でも優れている様です。

2本上る時間はあるだろうか。と思いながら1本目。それにしても、1週間乗っていないだけなのに、全く踏めない感じ。
麓では雨降ってなかったけれど、耳納平に近づくにつれて、徐々にガスって来て雨が降ってきました。
路面もウェットになり急勾配区間では滑らない様にダンシングで登り切ります。しかし、この時には完全にタレっタレだったけど…。

f0371356_14005553.jpg
〇耳納Parabola: 31:51, ave162bpm, ave18.1km/hr, パワー計故障

びしょびしょになりながら下ります。下っていたら元気になってきたので、高架下から森林公園までもう一本。
13分ほどで登れたので、まずまずでした。終了して帰宅していると、北野に行く前にアップに来ていた、S-worksの紐ニューシューズを装着したゾノくんと遭遇です。更に、パラボラジャージを着たリハビリ中の寅ともすれ違いました。北野練に行けるなら行きたかったのだけれど…。外勤先にギリギリ着も良くないので。

言わずもがな、登りの練習は登らないと感覚がおかしくなりますネ。
こんなんじゃ椿が鼻は勝負にならないな…。と思いました。
今月の練習時間確保作戦を練る必要性を感じたので、今朝は苦しいながら1000mほど登ることに意味はありました!

明日はチームメイトの結婚式です!次男ブーくんおめでとう!
披露宴で落車しない様にしなきゃ(謎)

2017.07.01: 1時間51分, 41.3km, Up 924m

[PR]
by digdug0526 | 2017-07-01 14:14 | 自転車 | Comments(0)