f0371356_20140277.jpg
ツールドおきなわまで1カ月あまりとなりました。

先日の英彦山は、練習の一貫。だと思っていたので、ヒルクライムではあるものの、特に対策なく向かいました。しかし、久々にお会いした自転車仲間の並々ならぬ準備と気持ちに圧倒された感は否めませんでした。結果は、去年の自分は超えらはしたものの、まだまだベストを尽くせたのではないかと悶々とした思いがありました。

ツールドおきなわへの出場は、幸い3年連続で参加させてもらっています。出来るのであれば、毎年出場したいと思うレースです。行くからには結果を出したいですし、去年の自分を超えたいと強く思います。もしかするとしばらく出れないかもしれない。ということも想定し、後悔の無いようにだけはしようと決めました。

去年に続き、ミューズリーとオートミールが食事に登場です。
体重を落とすことも同時に出来て効率的な朝練を開始させることとしました。

---------------
9月27日 帰宅後ローラー

10分間WU兼ペダリングのスキルトレ。
固定ローラーの負荷を7/10に設定する。その後は、SST出力で30分淡々と回す。
220wくらいから入って、徐々にギアを上げていく。最終的には270wでひたすら我慢する。そういえば、こんな修行の様な練習をしているのは久しぶりだなぁと思いながら頑張る。終盤につれて出力が下がっていくことは避けるべきなので、最後に高強度になるレースを意識して残り1分ほどをもがいて終了。

〇夕ローラー練: 53:00, NP 221w, 623Kj, 61TSS

その後、後輩から送別会のお店の下見を頼まれて食事に。
一番街に新しくできた居酒屋さん。何て店だったかな?値段の割に美味しかったので良かった。
ノンアルコールにしておいた。


9月28日 朝ローラー

ローラーの負荷を1/10にして回していたら、思いのほか音が気になったので、3/10へ負荷を少し上げて再開。
L3(テンポ) 出力で、ダイエット目的に一定の出力で回す。30分過ぎたころからだんだんきつくなってきて辞めたくなってくるけど、ここからが脂肪燃焼タイムや!と粘って40分間で終了。ローラー後に一時的に61kg台まで体重減少。

〇朝ローラー練: 55:00, NP 205w, 622Kj, 50TSS

こまめに練習時間を確保していこうと思います。

[PR]
# by digdug0526 | 2017-09-28 21:13 | 日常生活 | Comments(0)

2017.09.24 英彦山サイクルタイムトライアルに参加してきました。

2年連続2回目の出場です。
昨年のタイムは42分50秒でした。
今年は、40分台に近づくことを目標にしていました。

-------------------------------
備忘録

起床時体重: 64kg
4時起床で4時30分に出発。

朝倉の持丸北セブンイレブンに集合(ゾノくん、ぐちけんさん、スギさん、ワタナベさん)
朝倉から寺内ダム経由で小石原を通り添田町へ向かいます。

朝食: おにぎり1個, プロテインドリンク, コーヒー(会場に向かう車中で)
試走: 戸立峠まで登り、道の駅勧遊舎英彦山でトイレを済ませる。
レース前にスポーツようかん1本、エナジージェル1本とBCAA入り水を摂取して補給は終了。
-------------------------------

今年の英彦山は、昨年よりも約1分タイムを縮めることが出来て、まずまずの走りが出来たと感じました。
しかしながら、周りの選手はさらに強くて、順位は21位と振るわない結果でした。結局はレベル的にまだまだ強い選手に及ばず、努力が必要だということを分からせてくれたことが収穫でした。レースを振り返ります。

3列目に位置取り。スタートまで谷川さんとお話しできてリラックスできました。
スタート直後の戸立峠までは緩い登りが始まります。集団前方に位置取りして、昨年上位入賞した選手の動きをみます。間もなく、優勝した岩男選手を含む3人が飛び出ていきました。すると、GINRINの渕上さんやエール宮崎の黒木選手が上げていきます。しばらくして、3人を吸収して集団は一つに。斜度が緩めとはいえ、高強度でしんどかった。先頭は40人くらいの大集団でした。出来るだけ踏み込みすぎない様に、消耗しない様にだけを考えながらペダリングしていました。大体、10番手くらいで峠を越える。インターバルインテンシティ96%で、始めの10分ちょっとを、自分の限界やや下くらいで走っていました。付いて行くしかないのだけれど。

〇戸立峠: 10:51, ave303w (4.7w/kg), NP310w, ave170bpm, インターバルインテンシティ96%

下り区間は前の選手のラインに被せて下っていく。集団は一列棒状になります。意外と下りで油断すると差がついて、追いつくのに脚を使うので、速めに距離を埋めておくことに。一人ずつパスして番手を上げていきます。登り基調のアップダウンでインターバルがかかります。集団の速度は速く、自分にとって苦しかった状況で、一度ローテが回ってきました。丁度、山荘の辺りで、勾配がきつくなるところだった様に思います。昨年千切れたところを超えることが出来たのはうれしかった。

f0371356_21514407.jpg
頑張ってるところ

自分が先頭に出ても、勾配もきつくなってきているので速度もあがりません。ペースを作る必要もないと判断して脚を緩めます。後ろの選手に追い抜いてもらいますが、また、先ほどの3人が飛び出していきました。少し遅れて、VCの秋田さんやGINRINの渕上さんが上がっていきます。何と、その先頭にもの凄い力強いペダリングで、ヒルクライマー山本さんが登って行きます!明らかにパワーアップしていて強烈でした!そこが2つ目の集団になり、その中でしばらく粘りました。しかし、脚が残っておらずジリジリと離されていきます。集団も崩壊していたように思います。Blue Glassの選手と抜きつ抜かれつで登っていましたが、更に谷川さんが後ろからやってきましたが、着いて行けません。心拍は大丈夫だけど、踏み込む力が入らない…。悔しいくらいに。

最後は、とにかくタレないように一定のペースで刻んでいきます。何人かに捲られましたが、ペースを乱さないことだけを意識しました。応援区間で、TSUSUEの岩切さんや馬場くん、ハッシーに応援してもらい、多分5秒くらいアドバンテージもらえました(笑)ありがとうございました!

〇山荘-ゴール: 15:27, ave270w (4.2w/kg), NP282w, ave177bpm, インターバルインテンシティ89%

f0371356_17171313.png

〇英彦山TT: 41:56.30 (21位), ave272w, NP290w, ave174bpm, インターバルインテンシティ99%

最後の山荘からの3.5kmで一気にトップと3分差がついてしまいました。激坂でもゴリゴリ踏んで登っていく選手たち…。圧倒的な力の差を感じざる得ませんでした…。また、谷川さんや山本さんが英彦山にかける思いと準備をお聞きして、自分も沖縄まで改めて気を引き締めて頑張ろうと思いました。昨年よりも成長を感じられたので、その点は前向きに捉えようと思います。

f0371356_17173635.jpg
今年もカレーをチョイス!

終了後は、自転車仲間とお会いして色々とお話しして楽しい時間を過ごさせていただきました。
参加された皆さまお疲れ様でした!今日の悔しさを糧にして、改めて頑張って参りますm(__)m

[PR]
# by digdug0526 | 2017-09-24 22:00 | 自転車 | Comments(0)

09.18 VC-fukuoka練習会

9月18日 敬老の日

先日カルストロードレースの時に、VC-fukuokaのチーム練をされるというお話しをお伺いしていました。
前日にイドシンさんから佐藤さんにアポイント取って頂き、参加歓迎ですよ!の嬉しいお言葉を頂きました。

12時くらいに就寝しましたが、何だか緊張して眠りが浅かったです…。
サポートカー付きで160kmほど走り続けるので、補給をしっかり準備しておいてください。と言われていたので、準備したのは、
おにぎり4個、チョコチップスティック1袋、ドラ焼き2個、チョコバー1本、ウイダーインゼリー2個、スポーツようかん2本です。

7時50分くらいに、集合場所である「ダムの駅富士しゃくなげの里」に到着。
駐車場に入ると自転車が置いてあったので、誰だろう??と思ったら、おちゃ丸さんでした!
陣内さんに今日はVCの練習があるから来なさい。と言われたとのこと。壱岐では3位入賞や先日の袖ケ浦エンデューロでは優勝という実力の持ち主です。そして、あらゆる練習場所まで安定の自走でこられます。今朝も(笑)
※注:女性です。

帰福されていた陣内さんとの再会を楽しんだり、嘉瀬川ダムの写真とか撮っていると、皆さんゾクゾクと到着されました。
f0371356_20455632.jpg
f0371356_20462381.jpg
佐藤さんから、本日のブリーフィング。
嘉瀬川ダム周回4周+天山周回4周で170kmをほとんど休憩なしで走り続けるとのことでした。

①細かいアップダウンの続く嘉瀬川ダムを反時計回りに回り約20km。
②天山への長い上りを含むコースを時計回りに約22km
大体170km弱の予定となります。

f0371356_21044528.png

参加メンバー:佐藤さん、エガワさん、イドガワさん、ゴトウさん、ナカムラ(やっちさん)さん、モリシタさん、アカギさん、ナカモリくん、ミツカミくん、ヤマダくんと私とおちゃさん。皆さん、レースでしっかり上位に入る方々ばかりなので、鍛えてもらえます。

1周目はコースの確認という意味合いもあり、ゆっくり目に入ります。
ダム湖の横の平坦区間のローテーションは北野の時とは違い、先頭を引く時間はわずか5秒ほど。しかし、グルグルとローテが回ります。エガワさんとイドガワさんにコツを習い、その後は割とスムースに対応できていたかな。

2周目。嘉瀬川ダム右側を走っていると、何処かで見たことある御方が…。何と、リハビリライド中の森園先輩でした!そのまま回収されて、一緒に走ることに。その後、しゃくなげの里の横で、牧瀬つばささんが合流!そのまま天山の上りに入ります。2周回目は、そこまで上げないハズだったのですが、先頭①江川さん+牧瀬さん⇒まずまずのペース。先頭②イドシンさん+ヤマダくん⇒ちょっと速い!?先頭③ナカモリくん+私⇒同じくらい(280-300w程度)。先頭④ミツカミくん⇒ペースアップ(350wくらい)!

この2周回目の登りで、結構メンバーの脚が削られ犠牲者が…。
2周回目で、ヤマダくん、腰の調子が悪いエガワさんと頑張っていたおちゃさんが離脱。
メカトラでモリシタさんも一次離脱。リハビリ中の森園先輩も「グハッ」という声と共に千切れました…。
それにしてもヨーロッパのコンチネンタルチームで走る牧瀬選手は、楽そうに走られていたのが印象的でした。激坂で補給食べてたし…。

3周目。全体に強度Up。北山トンネルまでの登りでミツカミくんが抜けだす。
佐藤さんが泳がせましょう。ということで、後続でローテを回して、下りとダム湖横の平坦で追いつく予定となりました。しかし、思いのほか追いつかない。結構な速度でローテして、しゃくなげの里まで逃げ続けてようやく吸収でした。3周目の天山の登りは、本当にきつかった。300w前後20分ほどの登坂でひたすら我慢。ここで千切れたら、二度と追いつけないので根性で粘る。ここで、アカギさんが切れて、登りきる直前で脚が攣ってしまったゴトウさんが遅れる。

その後はアップダウンを一部含む下りですが、登り返しで遅れてしまい、高速下りで離される。VCメンバーは一瞬の力の入れどころを見逃さずに走っていて、それを見逃すと千切れてしまう。力の入れどころが上手なんだと思った。

4周目。更に強度Up。メカトラからモリシタさんも合流。休んでいたからとゴリゴリ引いてくれる…。この時、既に補給はほぼゼロ。ボトルも空になっており、サポートのミキさんに預ける。北山ダムの登り口で受け取るときに集団から遅れた。集団は、結構な強度で登っているのでなかなか追いつかない。ようやく追いついて、一息ついたら、ペースが上がる。上がる!マズい!みんなも粘ってるから千切れる訳にはいかん…と頑張りましたが、登り終わり100m前くらいで千切れる…。その後の下りで一人回しまくります。ダム湖横の緩い下りで、遠くに見える集団を追いますが、たちまち見えなくなりました…。後でみると400wくらいで登ってました…。キツい訳だ。

残念ながら完走できませんでした。
脚が攣ることもなかったのですが、距離乗って溜まった疲労がある時の高強度に耐えられなかったということです。

ずっと高強度で走っている訳ではなく、要所要所でしっかり踏むタイミングであったり、我慢するところがあるので、それを見逃さないことが必要ですね。それ以外で無駄足を使わない様にもならないといけないと思いました。非常に有意義な練習をさせていただきました。VCの皆さま大変ありがとうございました。

9月18日: 152.9km, Up 2436m, ave 172w/ NP 214w, Efficacy 47%, 3361Kj, 351TSS

[PR]
# by digdug0526 | 2017-09-18 22:15 | 自転車 | Comments(2)

09.16 JBCF カルストロード

9月16日 JBCFカルストロードに参戦して参りました。

公道を使用する数少ないロードレースでエリート混合で強い選手と走れるので、自分の立ち位置を知れること。
今後の練習の課題も明確にするためにも出場を決めておりました。
ただ、台風18号が接近しているため、天候に恵まれませんでした。これもこれでイイ経験でした。

当日の2時30分に自宅出発です。
古賀SAでmidoさん(同乗のVC-fukuoka ヤマダくん)とグッチさんと合流し、山口県美祢市の秋吉台に向かいます。
レースで使用される登坂区間を車で走りますが、あまりの斜度に閉口…。


5時半くらいに駐車場に到着し、7時まで仮眠。
ずっと雨は降っていましたが、1-2mm程度の降雨だと思います。7時にレース開催の最終決定がされるので、エントリーしに事務局に向かいましたが、レース開催決定の様でした。駐車場には雨をしのげるバス停があり、ここでローラーなどを持ち込み準備をしました。

8時30分頃におにぎり1個と4個入りのミニあんパンを2個摂取。そして、ローラーを回します。
今回は、身体を温めておく程度に留めておくこととして、110-120rpmで15分間だけ高ケイデンスで回してじっとり汗をかいた程度で終了。
高出力のアップは、後程嫌ってほど出さないといけないから、自分にはもはや不要です。

9時に出走サインに向かいましたが、自転車並べて良いといわれたので、4-5列目くらいの好位置に場所取り完了!
これはラッキーでした。その後は、VC-fukuokaのテントで雨を凌がせて頂きました。
佐藤さんありがとうございましたm(__)m

f0371356_12185537.jpg
photo by midoさん

10時スタート。スタート時も雨は降り続いております。
路面はオールウェット。この様な天候で自転車乗ることは滅多にないですが、それもレースで走ること自体が初体験です。ツールドおきなわも雨天とも限らないので、機材の状況をチェックするうえでも重要だと思っていました。

f0371356_12242216.png
159人が出走予定でしたが、天気の状況もあり、最終的に136人がスタート。
そして、完走は63人というレースでした。先頭から5分差でレースを降ろされると明記されていました。

f0371356_12291596.png
天候もあり、スタート地点から2kmまでパレードスタートとなっていました。しかし、パレードスタートの割に速度があがる。みんなポジションを死守しているのがヒシヒシと伝わります。そしてリアルスタート。集団の真ん中くらいで様子見することに。カルストロード往路は下り基調ながら時々登り返しがある。基本的には下りが中心であるが、速度が速い。みんな今日の路面はウェットだぞ!?

ただでさえ下りが下手くそな自分は、濡れた路面にビビりまくりで、大正洞関門を通過するまでに少ない登りで得たアドバンテージを生かせずに集団の後方へ追いやられる。そして、唯一の平坦区間が含まれる北側の周回コースへ突入する。まだまだ大集団。ここで消耗する訳にはいかないため、すこしずつポジションを上げて行く。右側から上がっていく他の選手の後ろにホイホイついて行き、20番手くらいの好位置をキープ。

この周回コースからカルストロードに戻る直前に前方の選手たちがアタックを掛け始め、速度が上がるが、下り基調だったので登り返しでゴキソの恩恵を十分に発揮して、全然踏まずにに集団前方に復帰する。やっぱりスゴイなゴキソ。

カルストロードの復路は登坂区間となりますが、さすがにエリートの全カテゴリーなので強度は高い。しかし、サイコンは雨で濡れていて速度はおろか自分の出力も見えない。レースなので集団に残るしかないので、どんな出力だろうと走るしかないのだけれども。後でデータみると、7分間を280wほどで登っていたようなので、自分にとってはまずまずのペースであった。でも、正直既に結構辛かった…。midoさんと話しながら走りましたが、今日のmidoさんは調子良さそうだ。登りで明らかに自分より楽そうである。

その後の、秋吉台道路の下り区間が自分にとっては鬼門であった。下り10%の斜度にうまく対応できず、集団中ほどから一気に番手を落としてしまい、集団最後尾まで遅れてしまう。ヘアピンを超えて、集団先頭が激坂区間に入っているのが見えているため、急いで追いつかなければならない。平均勾配10%越えで18-20%が最大斜度の登坂区間であるが、3分半が343wを超えていた。しかし、これは全エリートレースで、この変態区間があることを知っていて、対応できる自信がある選手が基本出場していると推察されるため、登りが強い選手ばかり。これでもようやく集団の後方からやや前に挙げられた程度。

そして2周目に突入する時、「先頭から1分30秒差!」と教えてもらう。
これは追いつくのは無理だろう。と思いひたすら前にいる選手を回収する。free speedの選手と回しましょう。と二人で回していると、徳島サイクルレーシングの選手を間もなく回収。しばらくこの3人で回していたが、身体は元気なつもりだけども、右ふくらはぎに攣りの兆候が。カルストロードの下り区間であり、回復を図るために緩めに回す。しばらくするとイナーメの選手も合流する。みんなE1だったけど、こういう選手でも千切れてくるんだなぁと思いながらローテを回す。やはり下りは下手くそで、前の人との距離を詰め切れずに、集団最後尾に置いて行かれる。

周回区間に入ると、前にGINRINの黄色いジャージが見えてきて武富さんだった。ここまで単騎で走られていたので、結構脚に来ているようだ。5人でローテを回すが、みんなとても強そうな感じである。しかし、ローテ回していて、それなりに引いて後ろに交代を要求しても代わってくれない。おいおい、人数少ないからみんなでまわしてくれよ。という感じである。

平坦では、みんな割と元気に回してくれるが、時々出てくる短い登り区間では、ややペースが落ちる。イナーメの選手が元気に上げてくれるのでできるだけ付いて行く。カルストロードの上り区間に入る前にもう一人合流して6人に。さすがにそれなりに疲れてきていたけど、この集団から千切れるとレースを降ろされることは必至だと分かっていたので、ローテに加わり頑張る。すると、今度は左のふくらはぎが攣ってしまい集団からやや距離が空く。ふくらはぎが攣ることってあんまり経験がない。しかし、完走も出来ずに終わる訳にはいかないので、歯を食いしばり回すのみ。ダンシングすると問題ないみたいだったので、登りはダンシングで切り抜ける。みんな「落ちて行ったか…。」って顔していたのが印象的でした。

最後のゴール前1.5kmの激坂区間に入ります。この集団の頭くらいは取りたいという気持ちで向かいました。どうしてふくらはぎが攣ったのかは不明ですが、まだまだ脚は残っています。しっかり踏み登ってから後ろを振り返ると、自分の後ろには一人だけしかいませんでした。その選手に残り200mで捲られて、追いましたが2秒差で敗北でした。結局、ローテ変わってもらえなかったことも含めて、自分以外の皆さまもいっぱいいっぱいで集団に残っていたのかということを、最後の最後に知りました。

結果完走者63人中59位で、我々の集団がゴール出来た最終集団だった様です。
完走できなかったグッチさんは悔しそうでしたが、昨年おきなわ11位の実力の持ち主ですし、またリベンジを果たしてくれると思います。来年もカルストロードがあったら絶対出る!と仰っていました。

midoさんはチェーン落ちのアクシデントもあった様で、最終的に第二集団でしっかりゴールでした。チェーン落ちが無ければ先頭集団でゴール前の登坂区間を迎えられたのではないかと思ったりしています。

9月16日 カルストロードレース:
59.5km, 1:40:44(Top+6:57), Up: 954m, ave: 35.1km/hr, ave: 225W, NP: 264W, Efficacy: 52%, 165TSS

f0371356_13285834.png
f0371356_13292727.png
以下感想ですが、出場者のレベルはこれまで走った中で一番高かったです。それはE1-E3が混合であることと、登坂が得意な選手が中心にエントリーしてきているので当然だと思います。そして、今回は天候に恵まれないなかのレースでしたが、おそらく知りうる限り、落車は無かったのではないでしょうか。皆さん、下りを含め走りが上手いのだと思います。

今回のレースの勝負所は、ゴール前の長い激坂区間ですが、自分はそこまでの長い下り区間で勝負が決してしまいました。そこを周りの選手と同じくらい下れて、いいタイミングで登りに入れればもう少し闘えたのではないかと思います。そこが自分の敗因だと思います。ふくらはぎは攣りはしたものの、最後の登坂区間でも他の選手よりも脚が残っていたのが残念でした。下りの走行技術の低さが露呈した感は否めません。その他の区間では、強度は高かったですが、集団であれば凌げると思いました。

ツールドおきなわまで、これから仕切りなおして頑張って行こうと思います。
今回はVC-fukuokaの選手たちの上位入賞が目立ちました。ミツカミくん、ナカモリくん、森下選手は強かったですね!若い世代のこれからを応援してます。時々一緒に練習させてもらっていますが、時間がある時には、出向いて練習に混ぜてもらう必要性も感じています。どんな感じで走っているのか調査が必要ですね。

f0371356_12082306.jpg
@関門海峡

JPTのレースの途中まで応援してぐっちさんとお先に帰福させて頂きました。
VC-fukuokaの佐藤さんも善戦されていましたし、かつて北野で練習してもらってたナカ―タの元気そうな姿も見れました!グリフィンのムラータも骨折が治り元気に走ってました!出場された皆さま、大変お疲れさまでした!

[PR]
# by digdug0526 | 2017-09-16 23:30 | 自転車 | Comments(2)

09.10 3.5Hr Fast run

9月10日 3.5hr fast run

マツダくんと二人で100kmほど走ろうと約束していました。
6時にJR久留米駅で待ち合わせ。選んだルートは、神崎経由の背振- 三瀬方面です。
昨晩、職場の飲み会があり、胃もたれしていて、朝食をおろそかにしてしまいました。
f0371356_21595725.jpg
昨日の疲れもあるかと思いつつ、走っておりましたが、峠までの20kmをペダリングを意識しながら回します。
だんだん、楽に回せるようになってきます。

背振から三瀬にそのまま抜けて北山ダムを1周。
ここまでで2時間で60km。いいペースでしたが、途中でハンガーノックになりかかりましたが、持参のエナジーバーを食べながら走り事なきを得る。ハンガーノックになると、判断力も鈍るので落車するリスクもあがるので要注意です。

三瀬のまっちゃんで、ドリンク補給して帰宅です。
マツダくんと一緒に走れたお陰で、サボることも無くしっかり速度を維持させてもらえました。
この二日間でしっかり追い込めたので、残りは疲労を抜きつつ、軽く刺激を入れていく予定にしようと思います。

9月10日 3.5Hr fast run: 3:40:51, 105km, Up1164m, 2227Kj, 218TSS

[PR]
# by digdug0526 | 2017-09-10 22:12 | 自転車 | Comments(0)