06.02 北野練からのアフター上陽サーキット

久々の土曜朝練。
今朝は2班構成の1班で参加です。

f0371356_21131181.jpeg
@スタート前の風景

1班は、VC組がエガワさん、ミノハラさん、ナガヤさん、Parabola組が番長、カトウくん、グーカワと私の7名。番長はVCかな??

f0371356_21084666.png

今朝は終始速度が速い。皆さん強いので、ほとんど半周近くを45km/hくらいまで上げて引く。
その分インターバルはかからないけど、後ろにいても休めないパターン。地脚がついてくれているせいか、キツいけど最後までしっかりローテを回せたかな。最後は、カトウくん⇒ミノハラさん⇒自分で発射させてもらったけど、最後にグーカワに捲られて終了。

〇6.2 北野練: 32:54, ave245W/NP285W, ave169bpm/max186bpm, 97rpm, ave41.7km/h

その後は、ワタナベさん、マツダくん、グーカワと私でアフター練に。
土手沿い-浮羽-大瀬耳納峠経由でローテを回しながら、上陽までの50kmほどをペースで走る。
大瀬耳納峠では、4人でローテを回し登りますが、最後の1kmほどは強度を上げて。調子悪そうなグーカワが千切れて、マツダくんとワタナベさんと3人に。勾配上がるところでアタックをかけてワタナベさんと二人になって、そのまま頂上まで。私がいうのも何だけど、ワタナベさんはホント強くなられている。

上陽サーキットに到着時には約100km走行後。結構脚も削れているところで本格的な壱岐対策練です。
1周4kmほどの周回コースを各自のペースで1周することで計4周回。その後にレース強度で追加で2周して計6周。上陽の裏壁(約2分と少しの激坂)を登り終わってから終了することとなりますした。

1周目:グーカワ。最後まで脚を残そうとする雰囲気がある走り。
2周目:マツダくん。いきなり裏壁を凄まじい速さで登って行く。これは最後まで持つまいとじっくり追わせていただき、頂上前で捉える。その後の緩い上りも力を抜かない走り。正直相当キツくて必死で着いて行った。
3周目:私。裏壁に入ったところでマツダくん千切れる。最後まで皆で走り切れるペースで前を引く。
4周目:ワタナベさん。登りでペースアップ。グーカワが千切れて二人になる。かなり力強い先頭引きであり、千切られそうになるが何とか粘って張り付いた。これは結構こたえた。

さあ、残り2周のレース強度はワタナベさんと一騎打ちやな!と気合を入れて裏壁を登る。
気がついたら独りになっていた…。ダラダラ走っても仕方が無いので、結局5周回+登り切ったところで終了です。

f0371356_21140504.jpeg
@上陽サーキット周回練終了後。一人魂が出かかってます。

先頭引くときは千切り合いではなく、皆と周回を重ねて走り切ることが大事だと終了後にmeeting
menuをこなすことも大切かと思います。また、頑張りましょう。
しかし、お陰でいい練習をさせて頂きました。ありがとうございました。

〇6月2日: 130km, Up1159m, 2628Kj, 293TSS

[PR]
by digdug0526 | 2018-06-02 23:00 | 自転車 | Comments(0)

自転車を愛する腫瘍内科医のブログです。練習日記やレースの記録を中心に。時々仕事で思ったりしていることを記載してます。PARABOLA イワイシーガル所属。


by ぼりぼり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31