07.28 オール九州3時間耐久ロードレースINオートポリス第1戦 2018

f0371356_20262819.jpg

オートポリス3耐に出場して来ました。
大分県日田市のオートポリス短縮コース: 3.022km/周

結果は、ロードソロ総合29位、39周回という結果です。

f0371356_20280862.png

---------------

招待チームのVC fukuokaをはじめ、津末さん、GINRINさんといった主だったレースで上位に入る強い方々がたくさん。我々 (Parabola)は、ぐっちさん、マツダくん、私の3人でエントリーでした。

7月は色々と立て込んでおり、まとまった練習も出来ておらず、暑さに弱い自分がどこまで走れるのかお試しということで。今日の目標は、先頭集団でレースを終えること。先頭周辺で安全に展開して、乗れそうな逃げがあれば乗ることにチャレンジでしてみること。7時45分スタートです。比較的標高の高い山中であり、気温も低めで走りやすい。

スタート直後から、GINRINの西村さん2周ほど逃げている。
間もなく吸収してから、誰かが飛び出ていき、落ち着かない集団でした。
下り基調で走ったあとに、1分と少しの緩い登りで周回が終わる御馴染みのコースだが、強度がなかなか高い。前目で入って様子を見ながら無理のないペースでバックストレートに入ることを繰り返す。1時間ずっと強度が高かった。

f0371356_08045866.jpeg

f0371356_21205161.jpg
@逃げているところ photo by Yarii


自分の頑張ったポイントは、1時間後の集団がやや緩んだところで、岩切さん、津末さん、西村さん、VC松田くんと5人で3周ほど逃げたところ。津末さんはツキイチで、4人で回すが、まぁ高強度。全身の汗が噴き出てくる。あっという間に後ろが見えなくなったが、徐々に詰められたようで、登り区間で吸収された。後で聞くと、この時間帯で結構な人数が絞られたとのこと。

その後は、消耗を抑えるため集団の中で安全に走ることを心がける。
大集団のままだけど、その中には周回遅れの選手や、チームで出場している選手も一緒で、時々ヒヤッとすることも。やはり、安全に走るには前にでないといけないと再認識する。

2時間でボトル2本を消費し、登り区間でグーカワにボトル交換をしてもらった。
その時に、これまでになかった動きをしたせいか、両側大腿が攣りそうになる。脱水気味だと感じたので、何とか集団に残るために、下りでポジションを上げて、登りで集団後方へ下がるのを繰り返す。岩切さんとVC松田くんが逃げていて、GINRINさん達がペースを上げる。残り30分くらいで、集団のペースアップが繰り返されるなか、攣りそうな脚で騙し騙し登り集団に残っている感じ。千切れるのは時間の問題だけど、根性で張り付く。

残り5分の登りでペースアップ。まさに頑張りどころで、痛恨の両側大腿攣りで集団を見送る。
一緒に仲良く千切れたのは、福岡パラボラの田口さんでした。わずかな時間差でもう1周回走らせてもらえず残念でした。データみると、最後の30分で気温が32℃まで上昇していたようです。

f0371356_21254920.png
〇 3:00:00, 115km, Up1103m, ave191W/ NP240W, ave167bpm/ max184bpm, 90rpm

収穫は、トップアマチュアの選手の逃げに混じることができたこと。
これは壱岐の反省を生かすことが出来ました。
しかし、一番の目標であった集団ゴール出来ず、千切れたのは不甲斐ない結果でした。

レースは普段出来ないほど追い込めて楽しいですね。
しばらく目標とするレースもなく、モチベーションが低空飛行になっていましたが、また、練習頑張って着に絡むような走りをしたいな。と思う様になりました。帰りに、グーカワと龍の家でラーメン食べながら反省会して帰宅。

夕方から外科医との研究会でみっちりディスカッションでした。
こちらも3時間頑張って、帰宅し食事へ。
帰ってから疲れすぎて意識消失した…。

f0371356_21215078.jpg
@徳米
また、地道に頑張って行こうと思います。

[PR]
by digdug0526 | 2018-07-28 23:00 | 自転車 | Comments(0)

自転車を愛する腫瘍内科医のブログです。練習日記やレースの記録を中心に。時々仕事で思ったりしていることを記載してます。PARABOLA イワイシーガル所属。


by ぼりぼり
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31