人気ブログランキング |

07.20 GINRIN練

7/18-19と二日間、京都で開催されていた、自身の専門領域であるがん薬物療法の学会で仕事して、最終新幹線で帰宅でした。24時に就寝の2時30分起床で出発。当初は、パラボラ合宿の予定でしたが、天候に恵まれず延期(日程は未定)になったことと、グーカワが誘ってくれたので初参加を決めました。久留米は雨だったけど、南下するにつれて雨は降っていない様子です。公園の駐車場に車停めて、準備して出発が5時ちょっと前だったかな。

f0371356_16512617.jpg
@スタート前

GINRINさんの朝練コースは、勾配まずまず1分ほどの登坂区間がある4キロちょっとの周回コース。
台風が接近してきていることもあり、爆風向かい風区間付き!
メンバーは、PARABOLA:グーカワ、石井くんと私の3名。GINRINは外村さん、井上さん、古澤くんと若い子たち。BIGBANGはヒルクライマーの村上さんと久々の再開でした…がチュブラータイヤがパンクされてほとんど一緒に走れず。あと、インターハイに出場する九州学院の高校生も。

1周目はコースを確認しながら走る。1分ほどの登坂はアウターでクリアできる。川を渡って直角カーブからの緩いアップダウンのある平坦基調区間は、何もしなくても50km/hrを楽に維持出来る感じ。15周回、60kmちょっとのいい練習になりそうだ。

2周回目に入って、二つ目の登坂で九学の子がアタック。外村さんが付いて行き、古澤くんも飛び出して行く。古澤くんは積極的に逃げに乗ったり、作ったりするのが好みっぽいので一緒に乗って置くことに。その後、九学の子は後ろの集団に戻り、3人の逃げが成立。まだ13周もあるので、上りはそこそこ踏んで(大体5.0W/kg)、平坦を頑張るという意思統一してローテを回す。追い風の平坦路はmaxで65km/hrまで速度が上がるくらい風が強かった。その分向かい風区間は30km/hrしか出ない。周回コースなので、差が開いていく集団の位置を確認していたけど、途中で見えなくなった。どうも集団崩壊していた模様。

残り6周くらい?
前方にニュートラル的に待機しているグーカワが合流する。その次の周回で同じく井上さんも合流。
残り3周で他のメンバーも一旦合流して、全員でリスタートという様相かな。車が増えて来たので15⇒13周に減らして走ることに。疲れていて脚が無いのか、集団スプリント狙いなのか集団が緩む。だとするとグーカワを始め、井上さん達には多分勝てない。向かい風も強いし、人数を絞るために再び逃げにチャレンジする。緩い登りの手前でアタックして、下りを全開で踏んだら、井上さんだけ追ってきた。二人で追い風区間を回すが、60km/hr超えてギアを回しきっていて、ケイデンスが上がるので息が切れる。残り1周はマッチレースになったが、コーナーで生じた10mほどの差を詰め切れずに、追い風区間で更に離されてしまい単独走になってしまった。途中、(寝坊した)サコマさんが現れて、弱った様子を見守られながら2着でゴール。

f0371356_16572331.png
- 瀬田周回練: 1:35:00, 60km, ave230W/ NP261W, ave167bpm/max182bpm, ave94rpm

90分くらいだけど、最後までタレずに出力をキープ出来ていたのは良かった。
強度高めかつ長めのローラー練を繰り返している成果が出てきているかな。

f0371356_16504502.jpg
@練習後

コースはロードレース向きのレイアウトであり、走っていて面白かった。
水曜日に高強度のローラーをして、木・金と二日間乗ってなかったので脚がフレッシュだったのも良かった。ホームの練習がメインなので、頻回には参加できないけど、練習でここまでレース的に走れる機会もないと思った。若い子達もいい子達ばかりで気持ち良かったし、全て含めてとてもいい練習会でした。GINRINの皆さまありがとうございました。

- GINRIN練: 88km 592mUp 204TSS 1726Kj

f0371356_16512742.jpg
練習後に阿蘇を望みながら、京都土産の八つ橋をつまむの図
グーカワのイチゴのお菓子も美味しかった!ありがとう!

by digdug0526 | 2019-07-20 17:06 | 自転車 | Comments(0)

自転車を愛する腫瘍内科医のブログです。練習日記やレースの記録を中心に。時々仕事で思ったりしていることを記載してます。PARABOLA イワイシーガル所属。


by ぼりぼり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31